All about ZEPHYR ゼファー大全
定価 1,760円(本体 1,600円)

1989年、ネイキッドブーム、ネオレトロブームの発端となったゼファーの系譜を一冊にまとめた永久保存版。

試し読み

<内容紹介>
1989年、絶頂期を迎えたレーサーレプリカブームに背を向けるかの如く、突然登場し、ネイキッドブーム、ネオレトロブームの発端となったゼファー。初代400から、4バルブエンジンのゼファーχ、ゼファー750、1000シリーズまで、国内で発売されたゼファーシリーズを図鑑形式で振り返ります。また、当時の二輪誌に掲載された開発者インタビューやインプレッションも再録。ゼファーを丸ごと楽しめる永久保存版です。
 
《Contents》
〇ゼファーという風
「僕が見たその瞬間。時代がゼファーに集約した」
 
■バイクブームを塗り替えた普通ではなかった普通のバイク
『ZEPHYR全史 1989~2010 』
〇1989 model impression
「歴代カワサキ400cc空冷4気筒一気乗りZEPHYRは兄貴達を越えられたのか」
〇ゼファー開発者インタビュー
「西風をハリケーンに仕立てた5人のカワサキ魂」
〇売れているには訳がある
「国内4メーカーが見たZEPHYR現象」
〇1992 model impression
「ゼファーの400、スッゲーいいぞ!」
〇1996 model impression
「誰もが驚いた予告なき仕様変更」
〇1998 model impression
「スタイルはネイキッド。だが、走りは、カワサキなのだ」
〇総括1990年代
「ゼファーが走り抜けた10年間 」
 
■落日の750クラスを活性化したゼファーシリーズの第二幕
『ZEPHYR750全史 1990~2007』
〇そこが知りたい!ゼファー750開発者に質問状
「ZEPHYR750解体新書」
〇ZEPHYR750 1990 model impression
「カワサキのやることはひと味違うぜ!キモチい~ナナハンに乗る」
〇ZEPHYR750RS 2001 model impression
「イメージ『男カワサキ』走り『ジェントルZ』」
〇ZEPHYR750 2007 model impression
「カワサキのナナハンといったらコレ!」
 
■時代に抗うかのごとく登場したゼファーシリーズのビッグボス
『ZEPHYR1100全史 1992~2007』
〇ZEPHYR1100 1992model impression
「恐竜復活! 泣かせるヤツだぜ」
〇拝啓カワサキ様 ”これだけはどうしても聞いておきたいっ!”
「ゼファー1100誌上公開質疑応答」
〇ZEPHYR1100RS 1997model impression
「大人げない走りにも対応する大人なバイク」
〇もうひとつのレボリューション
「静かに訴えたゼファーの広告」
 
<出版社のコメント>
1989年の初代から、2009年のファイナルエディションまで、国内で発売されたゼファーシリーズのカラーバリエーションとカタログの写真をほぼ網羅しました。カラー写真で図鑑のようにゼファー、ゼファーχ、ゼファー750/RS、ゼファー1100/RSをたどることが出来ます。年度ごとの登録台数も一部紹介しています。書き下ろしの巻頭特集は、カワサキに保管されている貴重な初期モデルを特撮、また、今では目にすることが困難な、ミスター・バイク、ミスターバイクBG、ゴーグル誌に掲載された、当時の開発者インタビューやインプレッションも多数再録しました。

This article is a sponsored article by
''.