Bikers Station 2019年 7月号

雑誌コード: 07563-7
  • NEW
販売価格(税込): 1,000
バイカーズステーション 2019年 7月号
発売日 : 2019年6月1日
体裁 : A4変型・平綴じ

【特集】 MotoGP 2002-2018 MACHINES
     ~Part1:990cc時代
【試乗と解説】 (1)インディアン FTR 1200S
        (2)ヤマハ WR450F
数量:

目次

【特集】
『MotoGP 2002-2018 MACHINES Part1:990cc時代』
~新生モトGPの開幕と同時に走り始めた、4社4様のエンジン
〇4サイクル990cc時代のマシーンたち
・HONDA RC211V 2002
・2YAMAHA YZR-M1 2002
・SUZUKI GSV-R 2002
・APRILIA RS-3 2002
・KAWASAKI Ninja ZX-RR 2002
・DUCATI D16 GP3 2003
〇島 英彦による初年度参加の日本4メーカーマシーン“図説”
〇ホンダ
「2006年に2種のRC211Vを投入」
〇ヤマハ
「2004~05年にエンジンを全面刷新」
〇スズキ
「狭角V型4気筒に改良を重ねて戦力を高める」
〇ドゥカティ
「市販車と類似のメカニズムで戦った」
〇カワサキ
「5年間でスタートの出遅れを挽回」
〇アプリリア/プロトン/KTM
「1年で破局したKTMとKRの蜜月」
〇2002-2006年の年間ランキング
〇次号予告
「MotoGP Part 2:800cc/1000cc時代」

◎2019 MotoGPリポート 第4~5戦
◎New Models
[New Model]
・YAMAHA YZF-R3
・SUZUKI GSX-R1000R
[New Colors]
・YAMAHA ボルトABS / ボルトRスペックABS
◎和歌山利宏・海外試乗
・Indian FTR 1200 S / FTR 1200
◎RB・海外試乗
・Yamaha WR450F

【連載】
◆藤田秀二の “トライアル紀行” 第142回
「トライアルのレジェンド・西山俊樹さんも1971年のモンテッサとともに
 健在ぶりを披露。日本の新たなトライアル文化が生まれた」
◆ケンツ見聞録
「ケンツ見聞録の第1回は1999年7月号で、ツーレポはたぶん今回が初!」
◆須貝的レーシングライフ 第88回
「全日本の最上位クラスにアプリリアで挑戦」
◆中野仁史の “バイクを愛でる” 第119回
「ブレヴァ750を再度走らせる その33」
◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン” Part 180
「発電量を増強。今後さらに支出が少々増えても、これならたぶん大丈夫」
◇EURO YESTERDAY
「1975年5月11日 ホッケンハイム」
◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇RACE & EVENT INFORMATION レースとイベント、その他の情報ページ
◇Back Numbers / 公式ウェブサイトのお知らせ
◇隔月連載 バイカーズステーション独自の詳細諸元表

<編集部より>-------------------------------------------
「モトGP 2002-2018 Part1 990cc時代のマシーンを見る」
 バイカーズステーションはモトGPが大好きである
だからここ数年、3月号で大特集をする。そしてこれは大好評
そんなことをしているうちに、2002年に始まったモトGPの
これまでを振り返ってみたくなったというわけである

「和歌山利宏 試乗 インディアン FTR 1200 S」
 ずっと昔のアメリカでは、ハーレーダビッドソンより
インディアンのほうが強かった。しかし第2次大戦のあと
これが逆転したばかりか、インディアンは消え去った
しかし現在、このメーカーは再興し、しかも元気だ

「ローランド・ブラウン 試乗 ヤマハ WR450F」
 WR450Fの2019年型にRBが試乗し、リポートしてくれた
こうしたモデルの試乗はめったにないので貴重である
その中に、イギリスでは競技車を公道で乗れるとあったので
これについては、中村恭一さんに原稿を書いてもらった

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在の買い物カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

当社ストアでは、お客様が安全にご利用頂けるようセキュリティ対策にCPI社が提供する「SSL」(暗号化通信)を採用しています。 入力された個人情報が第三者に盗み見される心配はありません。

「立ち読み」利用方法