GT memories 9 AW11 トヨタMR2
定価 1,900円(本体 1,727円)

「AW11トヨタMR2」その生い立ちから車両解説、メカニズム、過去の記事など、貴重な記録をまとめたシリーズ第九弾。ファン待望の保存版資料集。

<内容紹介>
  好評のGTメモリーズ シリーズ第9弾は、「AW11 トヨタMR2」です。ミッドシップ・ランナバウトの頭文字であるMRと2シーターであることから命名されまたしが、必ずしもピュアスポーツカーとして生まれたわけではありません。ただ、4A-GELUという16バルブ直4DOHCをコクピットの直後に搭載したことで、走行性能に注目が集まったのも事実です。本書では、1984年のデビュー時から1986年に追加されたスーパーチャージャー仕様も含め、その魅力を余すところなく解説しています。
 
《 CONTENTS 》
■ プロローグ
■ 車両概要
・外観
 MR2 G-Limited (前期型)
 MR2 G-Limited スーパーチャージャー (後期型)
・内装
■ テクノロジー
・パワーユニット
 4A-GELU
 4A-GZE
・駆動系&足回り
■ 主要諸元
■ それはSV-3から始まった
■ AW10という異端
■ MIDSHIP CAR HISTORY
~究極のコーナリング性能を求めた先の結論!
■ アーカイブス
「TOYOTA MR2 G フルテスト!」
(Motor Magazine 1984年9月号掲載)
「MR2 vs バラードスポーツCR-X Si」
(Motor Magazine 1985年2月号掲載)
「スペシャリティカーマルチ選手権」
(ホリデーオート 1985年9月26日号掲載)
「国産スポーツカーを検証する」
(Motor Magazine 1986年10月号掲載)
「NEW Model MR2スーパーチャージャー」
(Motor Magazine 1986年10月号掲載)
「Road Test MR2スーパーチャージャー」
(Motor Magazine 1986年11月号掲載)
■ そしてSW20 MR2が登場した
■ 資料編
・カタログセレクション
 1986年10月発行
 1984年6月発行
 
<編集部より>
 お待ちかねの「GTメモリーズ」シリーズ第9弾の発売です。今回は日本初の市販ミッドシップカー「AW11 トヨタMR2」を取り上げました。当初、1.6L ツインカム16バルブの4A-GELUが搭載され、パワフルとは言えないもののMRならではの機敏な走りを見せるライトウエイトスポーツカーとして支持を得ました。デビュー2年後のマイナーチェンジでは、スーパーチャージャーで強化した4A-GZEを搭載し、130psから145psまでパワーアップ。ここでMR2の人気は不動の物となります。本誌では、エクステリア、インテリア、メカニズムに細分化した詳細な解説はもちろん、発売当時のMotor Magazine 誌の記事をブラッシュアップして掲載。さらに前期・後期型のカタログの抜粋を掲載し、MR2ファンはもちろん、国産旧車ファン必携の内容になっています。

This article is a sponsored article by
''.