Motor Magazine 国産車年鑑 2022
定価2,000円(本体 1,818円)

現行車から発売間近のモデルまで国産車の最新情報を網羅
全11国産ブランドの全乗用モデル+αの詳細な情報を収録

試し読み

ご好評いただいている毎年1回の発行の「輸入車年鑑」の姉妹本として刊行。現在日本で販売されている全ての国産ブランドのクルマの解説と、巻末には詳細なスペックも掲載。さらに、巻頭には注目の新型電気自動車「スバル ソルテラ」の試乗レポートと2022年秋に発売が迫っている「レクサスRX」の詳細な解説を特別企画として設けました。加えて、このほかにも各車を紹介するアルバムパートにおいて新型車と人気車種の試乗記を収録。これを読めば国産車の今がわかります。
 
《CONTENTS》
〇Prologue
「国産車最新動向 2021-2022」
〇 いま注目のニューモデル情報
注目トピック:スバル ソルテラ「スバルらしさが大いに感じられる電気自動車だ」
注目モデル:レクサス RX 「走る楽しさを追求した“RX500h”を新規導入」
〇2022最新国産モデル現行ラインナップアルバム
・TOYOTA / トヨタ
・GR / ジーアール
・LEXUS / レクサス
・NISSAN / 日産
・HONDA / ホンダ
・MITSUBISHI / 三菱
・MAZDA / マツダ
・SUBARU / スバル
・SUZUKI / スズキ
・DAIHATSU / ダイハツ
・MITSUOKA / 光岡
〇国産車主要諸元&価格表
 
《 編集部より 》
日本国内で販売されている全国産乗用車(2022年6月初旬時点)を紹介するアルバムパート、見やすさを重視した誌面デザインとし、新型モデルや人気車は解説に加えて試乗記事も読むことができます。さらにワールドプレミアされたばかりの、今後日本市場へ導入される新型車の情報も網羅。入手したての最新モデルの情報をご提供します。また、巻頭では注目の電気自動車「スバル ソルテラ」と、7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「レクサスRX」の詳細をご紹介。さらに巻末には、姉妹本の「輸入車年鑑」でもクルマの購入検討時などには簡単に車種間のスペック比較ができるとご好評をいただいている、充実した情報量の諸元価格表も収録しています。

【お詫びと訂正】
※3ページ(目次)に誤表記がありました。
(紙版のみ。電子書籍版、サブスプリクション版を除く)
誤>012 注目モデル:レクサス RZ
正>012 注目モデル:レクサス RX

※80ページ スバル BRZ の欄の写真に間違いがありました。
(紙版、電子書籍版、サブスプリクション版)
誤>赤い車体のGR86
正>白い車体のスバル BRZ
下記画像をクリックして頂くと正しいページをご確認いただけます。

読者の皆様ならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net

This article is a sponsored article by
''.