Bikers Station(バイカーズステーション)2022年5月号
定価 1,200円(本体 1,091円)

【巻頭特集】座談会「オートバイはいかに造られるべきか」
【特集】昨秋から今春までに発表された注目車・解説集
【特別企画】2022年の元GPを戦うチームとライダーをまとめて紹介

試し読み

【巻頭特集】
『オートバイはいかに造られるべきか』
座談会出席者:元ホンダの本多和郎さんと小澤源男さん
ケンツの川島賢三郎さん、そして編集長・佐藤康郎の4人
 
【特集】
『2022年に向けた日本と海外メーカーのニューモデル』
~昨秋から今春までに発表された注目車・解説集
・Ducati DesertX
・Panigale V4 SP2 / Streetfighter V2 / Multistrada V2S/V2
・Triumph Tiger 1200 Series / Tiger Sport 660
・Aprilia Tuareg 660 / SR GT
・Honda ADV350
・Yamaha YZF-R7
・Bimota KB4
〇16機種/21タイプの主要なスペックを表にして並べた
〇試乗と解説:HONDA NT1100
 
【カラー企画】
◎Harley-Davidson Sportster 1957-2021 連載第1回
◎MotoGP 2022 Machines
・Honda RC213V
・Yamaha YZR-M1
・Suzuki GSX-RR
・Ducati GP22
・KTM RC16
・Aprilia RS-GP
・2022年のモトGPを走るライダーと所属チーム
 
【新車情報】
〇New Models
・HONDA CBR1000RR-Rファイアブレード / SP、リード125
・YAMAHA XSR700 ABS、テネレ700 ABS、アクシスZ
・SUZUKI GSX-S1000GT、KATANA、Vストローム650 ABS / 650XT ABS
・KAWASAKI ニンジャH2 SX / H2 SX SE
〇New Colors
・HONDA CBR1000RR-RファイアブレードSP 30thアニバーサリー
・YAMAHA ビーノ
 
【連載】
◆ Z1000Sの公道仕様を組み立てる
「ダイマグのレプリカホイールにダンロップロードスマートⅣを組む・前編」
◆ 藤田秀二の “トライアル紀行”
「”中部クラシックトライアルミーティング”は情熱的マシーンとライダーたちの気軽な祭典」
◆ スーパーカブ連載 第4回
「原付の税金は所有者にかかる」
◆ TOZO 爺のクロスケ・ダイアリー
「右足を着くか、左足を着くか」
「ペダルとミラーの小さな改造、大きな効果」
◆ 中嶋志朗の “八ヶ岳の麓から”
「巨大な鉄ドアの造り方」
◆ 吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン”
「本号の原稿執筆が終われば、いよいよ私のツーリングシーズンも開幕だ」
◇ PHOTOGRAPH TELLS A STORY
「ドゥカティ 500 ビチリンドリカ」
◇ MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇ Present
◇ Race and Event レースとイベント、その他の情報ページ
◇ Back Numbers / 公式ウェブサイトのお知らせ
◇ 沼尻新の観察ノート
「ホンダ GB350」
◇ 奥付と広告索引 etc
 
<編集部より>
「おなじみの4人が語り合う、オートバイはいかに造られるべきか」
座談会に出席したのは、元ホンダの本多和郎さんと小澤源男さん、ケンツの川島賢三郎さん、そして編集長・佐藤康郎の4人。
 
「2022年に向けて発表された日本と海外メーカーの主要モデル」
3月号で、日本と海外の2輪メーカーが公開した2022年モデル という記事を作ったが、今月は、中でも注目すべき車をじっくりと見ていただこうと思う。
 
「Harley-Davidson Sportster 1957-2021 第1回」
新世代のスポーツスターが登場した。これを機に、ローランド・ブラウンが写真と原稿で、1957年以来の歴史を送ってくれたが、とにかく大量なので、連載でお届けする。

<定期購読>

『Bikers Station』 偶数月1日発売 定価1,200円(税込)
下記のプランからお選びいただけます

  • 月額払い:毎号価格
  • 1年講読:7,200円

定期購読のお申し込みはこちら

『Bikers Station』定期購読

次号(7月号)は6月1日(水)発売予定です。

This article is a sponsored article by
''.