Bikers Station(バイカーズステーション)2021年11月号
定価 1,200円(本体 1,091円)

【特集】「ライディングポジション」~ それが何者かを、徹底的に知ろう
【特別企画】仮想ロールセンターに対する、エンジンと車体の重心位置
【特別企画】1921年に設立された“モト・グッツィの故郷を訪ねる”

試し読み

【特集】
『Riding Position』
~それが何者かを、徹底的に知ろう
〇小澤さんへのインタビュー・スタート
〇真上と真横から見た、2種類の三角形
〇ライディングポジションには自由度が欠かせない
〇ほとんど同じライポジを持つ1000cc高性能車たち
〇ライポジが異なる内外3メーカーの4車を見比べる
 
【特別企画】
『仮想ロールセンターに対する、エンジンと車体の重心』
〇ほぼ同一エンジンのスポーツスターとビューエルの走りが違う理由
〇記事中に出てくる重要な言葉の意味を説明
〇本多さんと小澤さんを囲んで“オートバイの車体設計・質疑応答″
〇本多さんと小澤さんが新旧16台を解析する
・メグロ・ジュニアS2 / トライアンフ・ボンネビル T100
・カワサキ Z1 / ホンダ CB750F / カワサキGPZ900R/ZX-14R
・ドゥカティ 750F1改/モンスター796 / BMW R69S/R nineT
・ドゥカティモンスター 1200S / KTM 1290スーパーデュークR
・ホンダ CBR1000RR / BMW HP4 / スズキ GSR750 / ヤマハ MT-07
 
◎MotoGP 2021年 第10~14戦リポート
 
◎モト・グッツィの故郷を訪ねる
 
◎New Models
[KAWASAKI]
・Z900RS SE
 
◎New Colors
[KAWASAKI]
・Z900RS / Z900RSカフェ
・Z900
・ニンジャ400シリーズ
・Z400
・ニンジャZX-25Rシリーズ
・ニンジャ250
・Z250
 
【連載】
◆クロスケ・ダイアリーが始まります
◆TOZO爺のクロスケ・ダイアリー 第1回
◆藤田秀二の “トライアル紀行”
「カブトラを2台も造ってしまった濱端さん。その2台を紹介」
◆ケンツ見聞録
「ロードレースに熱中したからこそ現在の川島さんがある。その半世紀」
◆中嶋志朗の “八ヶ岳の麓から”
「46works 中嶋志朗のカスタム製作、趣味、暮らしの日記」
◆二次元で見せる エンジンの振動とバランサ
「GB350のエンジンはなぜ凄いのか・その3」
◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン”
「エンジン/車体とも絶好調で迎えた20回目の夏の終わりに、燃費記録を更新」
◇TRIBUTE
「リックマン・メティス」
◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇Race and Event レースとイベント、その他の情報ページ
◇Back Numbers / 公式ウェブサイトのお知らせ
◇沼尻新の観察ノート
「古いメーターを描く スミス、イェーガー、ヴェリア」
◇奥付と広告索引 etc
 
<編集部より>----------------
「ライディングポジション それが何者かを、徹底的に知ろう」
車両メーカーは、ライディングポジションをどう決めるのか。そして、オートバイの走りとの関係やいかにホンダOBの小澤源男さんにそれらを教えてもらった知らないことばかりで、びっくりするにちがいない。
 
「仮想ロールセンターに対するエンジンと車体の重心位置」
まず、仮想ロールセンターが何かを知っていただく。そして、ここでもホンダOBの本多和郎さんと小澤源男さんにオートバイの車体設計について大いに質問し、最後にエンジンと車体の重心と仮想ロールセンターとの関係を分析。
 
「イタリアで1921年に設立されたモト・グッツィの故郷を訪ねる」
2020年9月号にパイクスピーク、11月号と2021年1月号にマン島TTの素晴らしい写真と文を寄稿してくれた山下剛さんによるテーマその3。過去2回のモト・グッツィ訪問をまとめたもので、またも力作。

<定期購読>

『Bikers Station』 偶数月1日発売 定価1,200円(税込)
下記のプランからお選びいただけます

  • 月額払い:毎号価格
  • 1年講読:7,200円

定期購読のお申し込みはこちら

『Bikers Station』定期購読

次号(2022年1月号)の発売日は12月1日(水)です。

This article is a sponsored article by
''.