Bikers Station(バイカーズステーション)2021年5月号
定価 1,200円(本体 1,091円)

【特集】1966年と1967年の250ccクラスで圧勝した「RC166完全分解写真」
【新型車解説】スズキ ハヤブサ / カワサキ ZX-10R/RR

試し読み

【特集】
『HONDA RC166 完全分解写真』
〇分解したのはホンダコレクションホールの実動車
〇4サイクル並列6気筒で2サイクルV4を圧倒した力作
〇ケーヒン製6連キャブは新造品でもマグネシウム製
〇RC166のシリンダーヘッドは特殊な構造
〇並列6気筒にして組み立て式のクランクシャフト
〇エンジンは4軸構成
〇この時代のホンダGPレーサーはダイアモンドフレーム
〇1960年代はレーサーといえども前後ドラムブレーキ
〇ホンダ初挑戦のマン島TTを走る谷口尚己
 
【カラー企画】
◎ホンダ、ダカール・ラリー2連勝
 マネージャーの本田太一さんに聞く
◎SUZUKI RG500Γ KENZ TT-F1 REPLICA
 
◎スーパーカブ連載・第2回
 
◎試乗と解説
・HONDA PCX / PCX160
・Ducati Multistrada V4
 
◎新タイヤ解説
・BRIDGESTONE BATTLAX SPORT TOURING T32
 
◎ユーロ5で変わるオートバイの世界
 
◎新型車解説
・2021 Suzuki Hayabusa
・2021 Kawasaki Ninja ZX-10R/RR
 
◎New Models
[HONDA]
・ゴールドウイングシリーズ
・NC750Xシリーズ
・CB1000R
・X-ADV
・フォルツァ
・グロム
・ディオ110
[YAMAHA]
・SR400ファイナルエディションリミテッド
[SUZUKI]
・バーグマン200 ABS
[KAWASAKI]
・Z H2 SE
 
◎New Colors
[YAMAHA]
・Tマックス560テックマックスABS
・MT-03 ABS / MT-25 ABS
・トリシティ125 / トリシティ125 ABS
・ジョグデラックス / ジョグ
・ビーノ
[SUZUKI]
・SV650 ABS / SV650X ABS
・GSX-S750 ABS
・Vストローム650 ABS / Vストローム650XT ABS
・Vストローム1050 / Vストローム1050XT
・ジグサー150
 
【連載】
◆藤田秀二の “トライアル紀行”
「今時のクラシックトライアルとは」
◆中嶋志朗の “八ヶ岳の麓から”
「46works 中嶋志朗のカスタム製作、趣味、暮らしの日記」
◆Z1000Sの公道仕様を組み立てる
「再スタートはタイヤの選択から。ダンロップのロードスマート4」
◆吉村誠也の爽快チューン
「趣味人の視点で選んだケミカル類一覧」
◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン”
「夜間走行中。視認性の低い他社を見て“ひやっ”とした経験を生かす」
 
◇PHOTOGRAPH TELLS A STORY
「オランダ発、イタリア経由、スペインへ」
◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇Race and Event レースとイベント、その他の情報ページ
◇Back Numbers / 公式ウェブサイトのお知らせ
◇沼尻新の観察ノート
「ドィカティ 175 F 3 (1959-1961)」
◇奥付と広告索引 etc
 
※今月は、“ケンツ見聞録”、“二次元で見せる”、“バイクを愛でる”を休載します。
 
<編集部より>----------------
「HONDA RC166 完全分解写真」
ホンダの4サイクル250ccGPマシーンの中にあってその速さがひときわ記憶に残るのが、
1966年と1967年の2度チャンピオンになった並列6気筒のRC166だ
特に1966年は出場した10戦のすべてに勝ったのである
 
「ホンダ、ダカール ラリーに2連勝 しかも ワン ツー フィニッシュ」
昨年に続いてホンダがダカールラリーに勝ったチーム運営、
ナビゲーションの難しさ、マシーンそして4人のライダーについて、
初優勝の昨年と同じくチームマネージャーの本田太一さんに話を聞いた
 
「スズキ RG500Γ ケンツ TT-F1 レプリカ」
マシーンと川島さんの写真は左ページで使ってしまったので
編集部にある小さなスタジオでのスナップにした
何をしているのかというと、12分の1写真の撮影を前にして
精度5mmでオートバイを定位置に置いているところです

<定期購読>

『Bikers Station』  偶数月1日発売 定価1,200円(税込)

■下記のプランからお選びいただけます

月額払い:毎号価格

1年講読:7,200円

『Bikers Station』定期購読のお申し込みはこちら

次号(7月号)の発売日は6月1日(火)です。

This article is a sponsored article by
''.