Bikers Station(バイカーズステーション)2020年5月号
定価1,200円(税込)

【特集】ツインスパーフレームの進化
~レーサーレプリカのフレームが今日に至る道程。2020年1月号の続編。
【特別企画】タイヤ特集 ~急速な進化の理由 / 新タイヤの試乗と解説
【試乗・解説】ホンダ アフリカツイン / ホンダ ADV150 / ホンダ ベンリイe:

画像: Bikers Station(バイカーズステーション)2020年5月号 定価1,200円(税込)
再生にはAdobe Flashを許可します。

【特集】
『ツインスパーフレームの進化』
〇ホンダOBの本多さんと小澤さんに聞く
〇フレーム剛性主体の時代を経て、今日に至る道筋
〇欧州車でツインスパーを採用するのは2社のみ
〇さらに詳しく知りたい方には、この20冊が有用だ
〇モトGPエンジンの軸配置
 
『タイヤ特集 2020』
・ダンロップ原部長インタビュー
・DUNLOP SPORTMAX ROADSMART IV
・BRIDGESTONE BATTLAX RACING STREET RS11/BT46
・MICHELIN POWER 5/POWER CUP2
・3社の技術説明資料の中から特徴的なページを選んで紹介
 
『Honda New Africa Twin』
・インタビュー/車両解説/試乗記
 
◎佐藤康郎・国内試乗
・HONDA ADV150
・HONDA BENLY e:
 
◎和歌山利宏 ・海外試乗
・MV Agusta Brutale 1000 Serie Oro
 
◎Roland Brown ・海外試乗
・Fantic Caballero Rally 500
・2020 KTM 1290 SUPER DUKE R
 
◎新連載・ユニコーンジャパンによる新型と旧型、ふたつのカタナへの取り組み
・第1回:連載の概要を説明する
 
◎ビチューボ実走実験連載
・第2回:フロントフォークとリアショックを分解・調整するための特殊ツールを見る
 
◎ヤマハの期間限定ショールーム ART LIFE
 
◎New Models
<New Model>
[HONDA]
・CBR1000RR-Rファイアブレード / CBR1000RR-RファイアブレードSP
・レブル500
・レブル250 / 250 Sエディション
[YAMAHA]
・テレネ700 ABS
・XSR900 ABS / XSR700 ABS
・MT-03 ABS / MT-25 ABS
[SUZUKI]
・ジグサー
・GSX-R125 ABS / GSX-S125 ABS
<New Colors>
[HONDA]
・CB1000R
・PCX / PCX150 / PCX150<ABS>
[YAMAHA]
・トレーサー900 ABS / トレーサー900 GT ABS
・MT-10 ABS / MT-09 ABS / MT-07 ABS
・YZF-R3 ABS / YZF-R25 ABS / YZF-R25
・マジェスティS
・シグナスX
[SUZUKI]
・GSX-S1000 ABS / GSX-S1000F ABS
・GSX-S750 ABS
・Vストローム650 ABS / Vストローム650XT ABS
・SV650 ABS
・SV650X ABS
・バーグマン200
 
【連載】
◆藤田秀二の “トライアル紀行”
「トライアル日本GP翌日のお楽しみ、After WCT ライディングミート」
◆ケンツ見聞録
「今月のメインテーマは筑波サーキット」
◆新連載・八ヶ岳の麓から
~46works 中嶋志朗のカスタム製作、趣味、暮らしの日記
◆須貝的レーシングライフ ~全日本の最上位クラスにアプリリアで挑戦
「世界耐久選手権(WEC)第2戦に混成チームで参戦し、無事完走」
◆吉村誠也の爽快チューン
「ツアラーとレーサーの違いについて」
◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン”
「いよいよツーリングシーズン開幕。まず掃除、次いで整備をして臨みたい」
◇OBITUARY
「コーリン・シーリー(1936~2020)」
◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇Race and Event レースとイベント、その他の情報ページ
◇Back Numbers / 公式ウェブサイトのお知らせ
◇沼尻新の観察ノート
「モト グッツィ アイローネ ツーリスモ/スポルト(1939-1957)」
◇奥付と広告索引 etc
 
※今月は、“バイクを愛でる”を休載します。
 
<編集部より>-----------------------------------------------------------------
 
「ツインスパーフレームの進化先生は1月号と同じく、本多さんと小澤さん」
1月号ではオートバイのフレームが平面的な形状から立体になったところを起点として、
RC30でひと区切りしたRC30もツインスパーだが、今回の主役は直4エンジン車
最初に覚えていただくのはフレーム各部の役割だ
 
「タイヤ特集 2020 急激な進化の理由/3社の最新タイヤ試乗」
オートバイ用タイヤの、ここ数年の進歩は素晴らしい
本特集では、最初に上記の理由をダンロップの原部長に聞き、続いて、ダンロップ、
ブリヂストン、ミシュランの3社が造る5種の試乗をお伝えする。全品が良品だった
 
「3月号のモトGP特集の続編としてモトGPエンジンの軸配置を考える」
最新のモトGPエンジンはおしなべて4軸構成である。しかし、直4とV4では軸の
位置関係が異なるし、同じ直4でも、オーソドックスなヤマハと比べるまでもなく
スズキはクランク軸が大きく後方だ。興味深し

<定期購読>

『Bikers Station』  偶数月1日発売 定価1,200円(税込)

■下記のプランからお選びいただけます

月額払い:毎号価格

1年講読:7,200円

『Bikers Station』定期購読のお申し込みはこちら

次号(7月号)の発売日は6月1日(月)です。

This article is a sponsored article by
''.