Bikers Station(バイカーズステーション)2020年3月号
定価1,200円(税込)

〇MotoGP大特集
~その技術/詳細写真によるマシーン解説/技術者インタビュー等々
〇ホンダ、ダカールラリーを31年ぶりに制する
〇今月から「吉村誠也の爽快チューン」を6ページに増大

画像: Bikers Station(バイカーズステーション)2020年3月号 定価1,200円(税込)
再生にはAdobe Flashを許可します。

【特集】
『MotoGP大特集』
〇モトGPマシーンの技術
〇モトGPマシーンの技術・追加編
〇Winglet
〇車両詳細解説
・Honda RC213V 2019
・Yamaha YZR-M1 2019
・Suzuki GSX-RR 2019
〇技術者インタビュー
・ホンダ
・ヤマハ
・スズキ
〇World Championship Classification
 
◎ホンダが31年ぶりにダカールラリー2輪部門で総合優勝
 
◎アライヘルメットの新井理夫さん、FIMゴールドメダルを受賞
 
◎SHOEIのX-Fourteenにマルケスカラーの新作登場
 
◎New Models
New Model
[HONDA]
・CRF1100Lアフリカツイン<S>シリーズ
・ADV150
[KAWASAKI]
・ニンジャH2カーボン
・Z900
・ニンジャ650 / KRTエディション
・Z650
New Color
[HONDA]
・CB1100RS
・CB400スーパーフォア
・リード125
[YAMAHA]
・セロー250ファイナルエディション
[SUZUKI]
・レッツ / レッツバスケット
・アドレスV50
[KAWASAKI]
・バルカン
・Z125プロ
 
【連載】
◆BMW Flat Twin History
「歴代Rモデルのシャシーの変遷をたどる」後編 下
◆ビチューボを佐藤のCBR600RR改でテストしようという話
◆Honda Power Products
「レジャーから災害時にまで、電気を供給」
◆藤田秀二の “トライアル紀行”
◆ケンツ見聞録(拡大版3ページ)
◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン”
◇EURO YESTERDAY「ギャリー・ホッキング」
◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇Present
◇RACE & EVENT INFORMATION レース・走行会を紹介するページ
◇Back Numbers / 公式ウェブサイトのお知らせ
◇沼尻新の観察ノート「ドゥカティ250SC」
◇奥付と広告索引 etc
 
※今月は、“バイクを愛でる”を休載します。
 
<編集部より>---------------------------------------------------------
 
「今年のモトGP大特集には昨年にはなかった内容を加えた」
例えば、ミシュランがどんなタイヤを供給し、その選択は?
また、ブレンボ製カーボンディスクの使用最適温度
次年度用マシーンはいつから開発を始めるのか
また、ウイングレットの効果はどの程度か、などである
 
「ダカールラリーにカムバックして8年ついにホンダが優勝を手中にする」
目次に写真を並べるのは、比較的大きな記事であるでも、今回はたった1ページ。
そこで今、ホンダにマシーン開発者やチーム監督への取材および
ワークスマシーンの撮影を申請している
 
「本誌が隔月になったのを受けて爽快チューンは4→6ページになる」
6ページ版初回の今月は、前方に付けた2ページに"第1回から186回までを
振り返る"と題した記事を付けた続く4ページはいつものとおり。

<定期購読>

『Bikers Station』  偶数月1日発売 定価1,200円(税込)

■下記のプランからお選びいただけます

月額払い:毎号価格

1年講読:7,200円

『Bikers Station』定期購読のお申し込みはこちら

次号(5月号)の発売日は4月1日(水)です。

This article is a sponsored article by
''.