画像1: 「Bikers Station」2019年12月号は2019年11月1日発売。

Bikers Station(バイカーズステーション)2019年12月号
定価1,100円(税込)

【大特集】ショーワの技術者たちに聞いたフロントフォークとリアショック
【ニューモデル】ドゥカティが955ccのパニガーレV2他を発表

画像: Bikers Station(バイカーズステーション)2019年12月号 定価1,100円(税込)
再生にはAdobe Flashを許可します。

【特集】
『ショーワに聞く、フロントフォークとリアショック』
〇スプリングとダンパーの基礎知識
〇ショーワの商品歴と進化の過程
〇フロントフォーク商品マップ
〇リアショック商品マップ
〇フロントフォークとリアショックの図で見る構造史
〇フリーバルブ
〇カートリッジ ダンパー
〇図版を見て細部を知るページ
〇バランスフリー・テクノロジー
〇EERA
〇ジョナサン・レイが2018年にWSBで使ったフロントフォーク
〇同じくリアショック
〇今回の取材における最大の収穫とは
 
◎佐藤のリハビリ仕様CBR600RR
 
◎Ducati World Premiere 2020で公開された3台のニューモデル
 
◎2019年秋から日本で販売される2020年型ハーレー・ダビッドソン
~ハーレー・ダビッドソン 2020年型32機種を紹介
 
◎Trial Des Nations 2019
 
◎2019 MotoGPリポート
・第14戦 アラゴンGP
・第15戦 タイGP
 
◎第17回 CB Owner's Meeting
 
◎第1回 KATANAミーティング
 
◎New Models
New Model
・HONDA CB1300スーパーフォアSP / CB1300スーパーボルドールSP
・KAWASAKI ニンジャZX-10R KRTエディション
・KAWASAKI ニンジャZX-6R / ZX-6R KRTエディション
・KAWASAKI Z250 / Z400
 
【連載】
◆BMW Flat Twin History
「歴代Rモデルのシャシーの変遷をたどる」中編
◆Honda Power Products
「60周年を迎えたホンダの耕うん機
◆ケンツ見聞録
◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン”
「他車に乗れば自車を見直すことができ、それもまた新たな改良の動機となる」
◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇RACE & EVENT INFORMATION レース・走行会を紹介するページ
◇Back Numbers / 公式ウェブサイトのお知らせ
◇沼尻新の観察ノート
「モト・モリーニ 125 ツーリスモ」
 
※今月は、“TRIAL”と“バイクを愛でる”を休載します。
 
<編集部より>-----------------------------------------------
 
「ショーワの技術者に聞くフロントフォークとリアショック」
 オートバイ関連メーカーに聞くシリーズ第3弾
今回のテーマは、フロントフォークとリアショック
そこで我々はショーワを訪ね、質問をぶつけまくった
今日、最大のテーマは圧力だったのである
 
「ドゥカティがワールド・プレミアで発表した2020年モデル3種」
 パニガーレといえばV型4気筒のオーバー1000ccだ
ところが、2020年モデルにはパニガーレのV2がある
排気量は955cc。一体どんな走りをするのか
他にも注目車あり。じっくり写真を見ていただく
 
「ハーレー ダビッドソンの2020年型全モデルを紹介する」
 最初の2ページは、バイカーズステーション独自の
ひと目で全ファミリーがわかる、スーパー早見表である
続く6ページは、全モデルの写真とミニ解説
2020年も、ハーレー ダビッドソンは、とても元気だ

<オンライン書店での購入はこちら>

This article is a sponsored article by
''.