画像1: 「日本のバイク遺産 空冷耐久レーサー伝」は2019年10月31日発売。

日本のバイク遺産 空冷耐久レーサー伝
定価:1,909円+税

《永久保存版》1976年~1982年のホンダ、カワサキの耐久レーサーを集大成
「RCB1000」と「KR1000」を詳細解説し、貴重な写真を可能な可能な限り大きく掲載
「Bikers Station」再収録

画像: 日本のバイク遺産 空冷耐久レーサー伝 定価:1,909円+税
再生にはAdobe Flashを許可します。

《CONTENTS》
◯はじめに
「積年の夢がかない、私は本当にうれしい」
バイカーズステーション 編集長 佐藤康郎
 
◎巻頭グラフ
「RCB1000グラフィティ」
~無敵の長距離ランナー ホンダRCB1000
 
◯詳細解説
・1976 RCB1000(480A)
・1977 RCB1000(481A)
 
◯インタビュー ①
「RCBの創世期にかかわった3人のホンダマン」
~秋鹿方彦さん、浅野明さん、浦野豊さん…3人のOBが語る無敵艦隊の誕生
◯インタビュー ②
「480Aと481Aの車体設計者に聞く
~長きに渡ってホンダで活躍する山中 勲さんの最初の大仕事がRCBだった
○インタビュー ③
「原国 隆さんの金盃」
~RCBを造り、RCBに育てられた技術者に聞く、その時代
 
◯RCB1000/RS1000のレース記録
 
◯詳細解説
・1980 RS1000 耐久仕様
・1981 RS1000
 
◯RCB1000とRS1000のオーナーズマニュアルから
 
 
◎特集グラフ
「KR1000グラフィティ」
~KR1000の敵はKR1000と言われたカワサキ黄金時代
 
○インタビュー ④
「ライムグリーンのサムライ 清原明彦と徳野政樹の真実」
~KR1000で8耐を駆け抜けていった、本物のサムライ
 
○インタビュー ⑤
「当時の開発スタッフが語る4サイクルのワークスレーサー」
~未知なる領域に挑戦した少数精鋭たちの思い出
 
◯詳細解説
・1981 KR1000
・1982 KR1000
・1983 KR1000
 
 
※「日本のバイク遺産 空冷耐久レーサー伝」は、
月刊「Bikers Station(バイカーズステーション)」の
1997年10月号、2004年11月号・12月号、2008年7月号の
記事を中心に再編集しており、当時のものをそのまま
生かしている記述があります。
 
////////////編集部より/
 
このムックは、ホンダとカワサキの、主に耐久レーサーをまとめた一冊である。
時代でいうなら、1976年から1982年。日本車はこの分野の頂点に立つ。
そうした日々に胸を踊らせていた自分を思い出すと、今でも心が騒ぐのだ。

<オンライン書店での購入はこちら>

This article is a sponsored article by
''.