Bikers Station 2018年 12月号

雑誌コード: 07563-12
  • NEW
販売価格(税込): 1,000
バイカーズステーション 2018年 12月号
発売日 : 2018年11月1日
体裁 : A4変型・平綴じ

【特集1】 メカニズムの真実
【特集2】 スズキ新カタナ
【サーキット試乗と解説】 カワサキ ZX-10RR
数量:

目次

【特集1】
『メカニズムの真実』
1.新世代のロッカーアームは昔とまったく違う
2.スイングアームは1本と2本
3.エンジンの4軸構造
4.バランサー装備の可否
5.ピストンの縦横比、今と昔
6.正立より倒立のほうが上等なのか
7.最新の減衰力発生装置
8.電子制御は、そのもののあり方を考えるべきだ

【特集2】
『SUZUKI KATANA』

◎インターモトに出展の海外モデル
・BMW
・Ducati
・Triumph
・Piaggio Group
・Indian Motorcycle

◎KAWASAKI 2019 Ninja ZX-10RR
・最新型は全バリエーションの並列4気筒を強化
・フィンガーフォロワーロッカーアームを新たに採用
・車体は構成もディメンションも2016年型を踏襲

◎HONDA CRF450L
・ロードインプレッション
・技術者インタビュー

◎YAMAHA NIKEN
・詳細解説
・技術者インタビュー

◎MotoGP 2018 Part 2

◎ケンツ・川島さんの日本GP 見聞記

◎BMW フラットツイン ヒストリー 第22回

◎Honda Power Products 隔月連載 第4回
「世界が認めた4サイクル船外機」」

【New Models】
[YAMAHA]
・シグナスX
・YZF-R1 / YZF-R6 レースベース車
[SUZUKI]
・Vストローム 250 / 250 ABS

【New Colors】
[SUZUKI]
・GSX250R
・バーグマン400 ABS
・GSX-R125 ABS
・GSX-S125 ABS

【連載】
◆藤田秀二の “トライアル紀行” 第134回
「小川友幸と野崎史高の全日本タイトル争いは
 最終戦で勝ったほうがチャンピオンの座を得る
 国別対抗戦は日本代表チームが無念の4位」
◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン” Part 173
「エンジンが好調を維持する間に、操安性についてあれこれ試し、考える」」
◇MAIL BOX 読者の投稿とクラブニュースなど
◇RACE & EVENT INFORMATION レースとイベント、その他の情報ページ
◇Back Numbers / 公式ウェブサイト
◇沼尻新の観察ノート 第114回
「さまざまな燃料タンクを見る 2」

<編集部より>--------------------------------------------------
「ホンダOBの小澤源男さんが解説するオートバイ・メカニズムの真実」
今月号では内外のニューモデルを数多く紹介している
そこで、名前は知っている、なんとなくわかる気もするが
説明しろと言われるとしどろもどろ。そうした
メカニズムたちのいくつかを、きちんと説明してもらう

「ついに登場したスズキの新カタナをじっくりと眺めることにしよう」
スズキが新しいカタナを発表したのがうれしい
先代のイメージを生かしてはいるが、今度のは別物である
そこがいいと思う。継承すべきはその精神であって
造形そのものではないからだ。試乗の日が待ち遠しい

「カワサキのZX-10RR 2019年型そのサーキット試乗と解説である」
試乗した和歌山テスターは、このモデルを大変褒めていた
もちろん、ZX-10RRがレースにも使えるレベルの
マシーンで、それを走るべき場所で走らせたからかもしれない
ならばこそ、次の機会にはRRを公道で走らせてみたい

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在の買い物カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

当社ストアでは、お客様が安全にご利用頂けるようセキュリティ対策にCPI社が提供する「SSL」(暗号化通信)を採用しています。 入力された個人情報が第三者に盗み見される心配はありません。

「立ち読み」利用方法