Carburetor Note PERFECT BOOK

雑誌コード: 68746-81
  • NEW
販売価格(税込): 2,980
キャブレター・ノート 完全版
発売日:2018年 10月31日
体裁:A4変形・平綴じ

構造、理論からセッティングまで
キャブレターのすべてがわかる完全版!
「Bikers Statin」の記事をもとに再編集した
「Carburetor Note 1」と「Carburetor Note 2」を再収録
数量:

目次

《CONTENTS》

【Note 1】
<Part1>
『FCR、TMR、CR スペシャルのセッティング』
・CB830F で知った3 種のキャブレターそれぞれの美点
・手動式キャブレターの基本メカニズム
・ケーヒンFCR のチャート式セッティング
・ミクニTMR のチャート式セッティング
・ケーヒンCR スペシャルのセミチャート式セッティング
・エアクリーナーがないと車検に合格できない
・2006 年11 月号の特集のときに書いた事前説明文
・キャブレターセッティングの楽しみ
・非常に大切な、キャブレター口径の選択
・口径によるパワーとトルクの比較
・FCR、TMR、CR スペシャルの出力/トルク比較
・キャブレターの原理
・キャブレターのセッティングは、下から開始、上で終了

<Part2>
『構造、諸注意、インタビュー、ノウハウ、その他』
・FCR / TMRとCR スペシャルは構造が大きく異なる
・FCR におけるセッティング作業上の注意
・TMR におけるセッティング作業上の注意
・一般的なキャブセッティングとCR スペシャルの違い
・セッティングの前に知っておきたい諸注意
・セッティングを始める前に考えること、すべきこと
・ふたりのプロフェッショナルに聞く(インタビュー)
・吉村誠也の連載“整備と工具”から3 回分を抜粋
・スロットル操作系パーツの全交換
・素人にできること、プロに任せること
・長期間放っておいたキャブレターの再生
・STD キャブのまま排気系を変更したときのセッティング

<Part3>
『キャブレター図鑑』
・ミクニTMR
・ケーヒンFCR
・ミクニTM
・ケーヒンCR スペシャル
・デロルトPHM
・アマルMkI
・S & S スーパーE

<Part4>
『3 種のキャブレターのマニュアルから』
・ケーヒンFCR セッティングマニュアル
・ミクニTMR オーナーズマニュアル
・ケーヒンCR スペシャル・オーナーズマニュアル

【Column】
『アマルGP のメカニズム(連載・観察ノートより)』

【Note 2】
<Part1>
『FCR TMR CR ヨシムラMJN』
・FCR、TMR、CR スペシャルを完全比較
・使用機材とテストの方法
・3大レーシングキャブレターを同条件で比較試乗する
・シャシーダイナモによる3機の実測出力とトルク
・キャブレターの口径選びの大切さに気づく
・吉村誠也の試乗後記
・CR スペシャル、FCR、TMR の製品構成と価格について
・FCR 、TMR、CR スペシャルをじっくり見比べる
・ヨシムラMJNとはなにか
・ヨシムラTMR-MJN のオーバーホール
・ヨシムラMJN のセッティング

<Part2>
『ミクニTMR VM33 スムーズボア』
・ミクニTMR 第1回:構造とラインアップ
・第2回:2種の口径を実走比較
・第3回:純正エアクリーナーとの合体
・第4回:ヨシムラMJN の進化と関連情報
・ミクニVM33 スムーズボア・キャブレター

<Part3>
『エアフィルター スロットル開度』
・アフターマーケット・エアフィルターの紹介とテスト
・エアファンネルをフィルターに交換してリセッティング
・スロットル開度で走りは激変する
・バリアブルピッチのスロットルプーリーは自作できる

<Part4>
『日本製から海外製、歴史も一望に』
・第1回:ケーヒンCR / FCR ミクニTM /ニューTM
・第2回:レクトロン E.I. アマル
・第3回:デロルト マロッシ S&S ビング
・第4回:ミクニ最新モデルと同社の歴史
・第5回:ケーヒン最新モデルと同社の歴史

※「Carburetor Note PERFECT BOOK」(キャブレター・ノート 完全版)は、月刊バイク専門誌「Bikers Station」の記事を加筆・再編集して発行した人気ムック「キャブレター・ノート1」(2010年1月30日発行)と「キャブレター・ノート2」(2010年6月30日)の2冊を1冊にまとめた上下合本版です。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在の買い物カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

当社ストアでは、お客様が安全にご利用頂けるようセキュリティ対策にCPI社が提供する「SSL」(暗号化通信)を採用しています。 入力された個人情報が第三者に盗み見される心配はありません。

「立ち読み」利用方法