Bikers Station 2016年 9月号

雑誌コード: 07563-9
  • 完売
販売価格(税込): 1,000
バイカーズステーション 2016年 9月号
発売日 : 2016年 8月 1日
体裁 : A4変型・平綴じ

【特集】ヤマハ2サイクル250cc車史
カテゴリー別の発売年度表
続・カタナ特集 中古車の正しい選び方
最新のボンネビル T120の詳細
完売いたしました

目次

【特集】
『ヤマハ・2サイクル250cc車史』
○カテゴリー別の発売年度表
○12分の1写真で見る6パターンのヤマハ2サイクル 250cc車
・YDS-1 1959
・TZR250 1988
・TDR250 1988
・RZ250R 1988
・R1-Z 1990
・TZR250 SPR 1994
○変遷を追う:
・YDS~DS 1959~1969
・DT-1~DT250 1968~1979
・DX250~RD 250 1970~1979
・RZ250 1980~1988
・TZR250 1985~1995
・R1-Z 1990~1993
・TDR250 1988
・SDR 1987
・DT200R 1985~1994
○1967年の250ccV4ワークスレーサー
・RD05A
○ヤマハ250ccレーサーの黎明期
○ヤマハ250cc市販ロードレーサーの歩み
○オフロードのコンペティションモデル
○忠さんのスーパーバイカーズ
・YZV250
○ヤマハの公式資料で2サイクル250ccをたどる

【第2特集】
『新・快調カタナの造り方』
○クラシックバイクになったカタナとの取り組み方を考える
○カタナのカタログを見る:GSX1100 SZ

◎試乗:トライアンフ ボンネビル T120

◎KTM試乗・前編:1290 スーパーデュークGT

◎RB海外試乗:BMW R nine T スクランブラー

◎2016 モトGPリポート:第8~9戦

◎TEAM無限 マン島・電動車レースで3連覇

◎New Models
・KAWASAKI ZRX1200 ダエグ
・YAMAHA WR 250X / R
・KAWASAKI ニンジャ 250シリーズ

○Honda CBR600F / CBR600RR 諸元表 全29車

【連載】
◆吉村誠也のこの工具は、こうして使え 第28回
「モンキーレンチ」

◆MAC TOOLS拝見 第12回
「整備に精通するほどに使用頻度が高まるハンドルとバー各種」

◆藤田秀二の “トライアル紀行” 第109回

◆バイクを愛でる 第90回
「ブレヴァ750を再度走らせる その5」

◆吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン” Part 146
「具体的な数値目標を立てて進めた整備作業も、
いよいよ最終段階を迎えた」

◇MAIL BOX [読者の投稿とクラブニュースなど]

◇RACE & EVENT INFORMATION [レースとイベント、その他の情報ページ]

◇Back Numbers [バックナンバーと公式ウェブサイトのお知らせ]


------編集部より-------------------------------------------

『ヤマハ2サイクル 250cc車史』
昔のバイク好きには、2サイクル派と4サイクル派がいた
両エンジンの味わいがうんと違っていたからである
その2サイクルの雄の筆頭にヤマハと彼らの 250cc 車たちを
挙げることに異存ありやなしや。我々は異存なし派である

『CBR 600F / CBR 600RR
各年式の主要諸元を一望する』
先月号のCBR 600F / CBR 600RR は大特集だった
しかし、それゆえにページが不足して諸元表が欠落した
そこで今月、それらをまとめて掲載することに決定
同様のヤマハ 250cc 2サイクル編も作ることになりそうだ

『イギリス、ドイツ、オーストリア
3社のニューモデル試乗』
試乗したのは、前号で解説を行ったトライアンフの
ボンネビル T120、BMWがRナインTをベースに造った
RナインT スクランブラー
そして、1290 スーパーデューク Rを ベースにした
KTM 1290 スーパーデューク GTである

-------------------------------------

【Bikers StationオフィシャルWEB】
 こちらも、ぜひご覧ください。
  http://bikers-station.com/official_website.html

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在の買い物カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
定期購読利用方法
定期購読のお誘い

当社ストアでは、お客様が安全にご利用頂けるようセキュリティ対策にCPI社が提供する「SSL」(暗号化通信)を採用しています。 入力された個人情報が第三者に盗み見される心配はありません。