Bikers Station 2015年11月号

雑誌コード: 07563-11
販売価格(税込): 1,000
バイカーズステーション 2015年11月号
発売日 : 2015年10月 1日
体裁 : A4変型・平綴じ

ヤマハ YZF-R1の真実
 200ps / 世界最高の車体制御 / 318万6000円
東京モーターショー出展車 事前発表
数量:

目次

【特集】
『ヤマハ YZF-R1の真実』
・YZF-R1 と YZF-R1Mの違い
・9人の開発者に疑問をぶつける
・インタビュー Part 1:エンジン
・インタビュー Part 2:車体
・インタビュー Part 3:車両制御
・自分の走りを克明に記録できるCCU
・ヤマハ自身による製品紹介

『バイクの潜在性能に迫る』 第11回
ヤマハ YZF-R1M
・試乗:その日の夜には、YZF-R1Mを欲しくなった
・YZF-R1に対して行った空力チューン

◇東京モーターショーに出展されるホンダとスズキの作品
・Concept CB
・Super-Cub
・EV-Cub
・GROM 50Scrambler Concept One
・HUSTLER SCOOT

◇試乗と解説:ドゥカティ スクランブラー アイコン
・スクランブラーには4モデルがある
・試乗:ミドル級スポーツとして好感度大いに高し
・1960~1970年代のスクランブラー シリーズ
・車両解説:スクランブラー アイコン

◇ハーレー ダビッドソンの2016年モデルがデビュー

◇サーキット試乗:ヤマハ MT-25 / MT-03

◇New Models
・YAMAHA MT-03 / 25
・YAMAHA ジョグ シリーズ
・YAMAHA ビーノ シリーズ
・SUZUKI スカイウェイブ 650LX
・SUZUKI スカイウェイブ 400 リミテッド ABS
・KAWASAKI バルカン 900 クラシック

◇2015 モトGPリポート 第12~13戦

◇Bikers Information
・Technix
・Vespa 946 Emporio Armani
・KTM Orange Festival
・BMW Motorrad Days
・Triumph National Rally
・Bridgestoneが解説する日本GPの見どころ

【連載】
◇吉村誠也の “この工具は、こうして使え” 第20回
「資料編 その1」

◇MAC TOOLS拝見 第2回
「柄をどう握らせるのが最良か。
それを追求して23年前に生まれたパンタグリップ」

◇藤田秀二の “トライアル紀行” 第99回
「来年40回を迎える “イーハトーブ”」

◇須貝的レーシングライフ
「全日本の最上位クラスにドゥカティで挑戦」 第76回

◇中野仁史の “バイクを愛でる” 第82回
「CB72を再生する・その35」

◇吉村誠也が徹底的に遊ぶ “XJ900の爽快チューン” Part 136
「ちっとも予定どおりに進まないが、過去最高にたのしい時間を過ごす」

◇Europe Today 最終回

◇MAIL BOX [読者の投稿とクラブニュースなど]

◇RACE & EVENT INFORMATION [レースとイベント、その他の情報ページ]

◇Back Numbers [バックナンバーと公式ウェブサイトのお知らせ]

◇沼尻新の “観察ノート” 第91回
「オートレースの “競走車”」

-------------------------------------------------

1000ccスーパースポーツの世界に一石を投じる新作
それが、ヤマハのYZF-R1とYZF-R1Mだ
我々はサーキットと公道で一度ずつR1Mに乗ったが
今度はこのモデルがどう造られたかに迫ろう

好ましいミドルクラス
ドゥカティスクランブラー。
スクランブラーに乗って思い出したのは
超高性能化波が押し寄せる以前には数多く存在した
過激でなく、扱いやすく、それでいてスポーティな
なんと懐かしいヨーロッパ車の姿だった。

東京モーターショーを待つ
出展予定のコンセプトモデル
2015年は東京モーターショーの開催年である。
そこで、ホンダとスズキが事前に発表した
コンセプトモデルを何台か見ていただくことにしよう。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在の買い物カゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

当社ストアでは、お客様が安全にご利用頂けるようセキュリティ対策にCPI社が提供する「SSL」(暗号化通信)を採用しています。 入力された個人情報が第三者に盗み見される心配はありません。